プロフィール

こすけ

Author:こすけ
サイトには収まらない
  画像、話題
を中心とさせて頂きます。

サイトへはこちらから!

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ タイ・ジャム島~coconut Beach の事~

隣の coconut Beach に行って見る事にした。

行って見る事にした、とか書いてるが、
coconut Beach に行ったのは、結構、偶然だったりする。

当初、実は目指したのは、漁師さんの村。

ナットさんが、歩いて、30分~1時間で着くよ!
と言っていたので、その気になり、目指したのであった。

延々と続く、日陰の全く無い道に不安を覚え、
向こうからやって来たローカルに聞くと、
2時間はかかるぞ!
歩いて行くのか!?
スゴイな~!
と、絶賛される始末。
ナットさんの嘘つき・・・

タイ・ジャム島~coconut Beach の事

早々に断念した訳である。
あの炎天下、例え30分でも、歩くのは無謀である。

さてどうしようか?と、思いあぐねていると、
林に向かう横道から、ヨーロピアンのカップルがやって来た。

向こうに何があるのか聞いたところ、ビーチがあるらしい。
そんなに遠くは無いらしいが、何も無く、面白くないわ!
と、それこそ、面白くなかった、と言う表情で、
女の子が付け加えてくれた。

特に何もいらない。
ちょっとこの炎天下、歩くのはもうイヤだな、と言う心境。
向かう先がビーチなら十分である。

太陽を遮ってくれる、ゴムの林がとても嬉しい。
採集を、してるんだかしてないんだか良く分からぬが。

途中、小さな牧場がある。
牛が放牧され、進む道の先にも、繋がれた大きな牛の姿が。
牛とは言っても、日本のとはちょっと違う。
頭に大きな角を付けた、いわゆる水牛、と言うヤツである。
若干、荒々しい印象があるだけに、ちょっと手強い。(←何が?)
興奮させぬよう、大人しく通り越し、やり過ごしてはみた。
ふむ、と言う事は、帰りもあそこに居ると言う事か。
やなこった。

タイ・ジャム島~coconut Beach の事道の左が牧場な訳。


5分くらい歩いたところで、ビーチが見えて来た。
思った程遠い距離では無い。近いではないか。

ビーチの入り口で、スコップで、ビーチの砂をトラックに積み込み中の男達。
遠くのヤシの木陰で、お弁当を広げるオバちゃん達。
それ以外は、誰も居らず、無人のビーチである。

水に入ってみる事にする。

相変わらず遠浅ではあるが、とても澄んだ水である。
勿論、砂地に隠れた岩など無い。
やっと、ゆっくり、のんびりと出来た気分、である。
なんか、とってもいいんじゃないか!?ココ。

水に浸かりながら、今度は逆に陸の風景を見る事にする。

タイ・ジャム島~coconut Beach の事
植栽されたのであろう、等間隔に伸びるヤシの木が、
大きく育っており、絵になる景色。
タイ・ジャム島~coconut Beach の事


お弁当を広げるオバちゃん達は、相変わらず木陰の下。

砂を積み込み中のトラックは?と言うと、
ありゃ?黒煙を吐き、大変な事になっている。

どうやら積荷が重すぎて、スタックしてしまったらしい。
4~5人がかりでトラックを押しては見たものの、
ラチが明かない様である。
どうしたか?と言うと、先程まで積み込んだ砂を、
今度は逆に下ろし始めた。
思わず爆笑!タイらしい、と言うか・・・
まあ、ビーチとは関係無い話ではあるが。

タイ・ジャム島~coconut Beach の事
管理する人も居ない無人のビーチなので、
草木は荒れ放題であるが仕方が無い。
と言うか、ちょっと手を入れ、バンガローでも作ったら、
絶対面白いと思う。
そんなロケーションなのだ。


自ら運営してみたい気分である。
金持ちのドイツ人にでも、頼んでみるか!?ね。

タイ・ジャム島~coconut Beach の事

スポンサーサイト

テーマ : タイ - ジャンル : 旅行

<< ★ タイ・ジャム島~tsunami の事~ | ホーム | ★ タイ・ジャム島~North Beachの事②~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。