プロフィール

こすけ

Author:こすけ
サイトには収まらない
  画像、話題
を中心とさせて頂きます。

サイトへはこちらから!

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジープ島ダイビング キミシマ環礁

ジープ島でのダイビングでは、最大の見せ場!なんだろう。
キミシマ環礁。

個人的、さらには今回のメンバーの中でも、その前に潜った、
サンドパラダイスの評価も高く、どちらだ?と言われても、
かなり迷うところ。
ポイントの性格が、かなり違うからね~。
こりゃ難しい。

とは言うものの、スタッフからは、そのスゴさを、楽しんでもらおう!
と言う意気込みは伝わってくる。
と言う訳で、マスクをくわえたまま、大声で叫ぶ吉田さんも、
絶叫状態!なのであった。

余談ではあるが、ゲストに満足してもらおう、あれもこれも見て欲しい、
そんな気持ちが募ってしまい、つい、大声が、との吉田さん談。
おもてなしの心!なのである。感謝!

見所としては、アケボノハゼ、ヘルフリッチが、20mそこそこで見られるらしい。
しかも、数固体。1人1匹独占可能状態!
さらにナポレオンの群れやら、光り物系、イソマグロと言った大物系の群れ、
サンゴの状態は勿論良いので、カラフルなコーラルフィッシュも満載!
ワイドからマクロまで、何でもあり!の海なのであった。

キミシマ環礁 キミシマ環礁


さらにスゴイ!のは、その地形、元気なサンゴ。
切り立ったリーフエッジのドロップオフは、
透明度40mとも50mとも言われる程の、
クリアな状態。
透視度もそのくらいあるんじゃないかな~。

キミシマ環礁 キミシマ環礁


まあ、なんやかんやスゴイ海なのだが、
1番の魅力は、こうした海が、
手付かずのまま保たれている事に加え、
それを独占出来てしまう事。

自分たち以外に、潜るゲストが居ない事だろう。

行き難い事も確かにあるが、
欧米系のダイバーは、沈潜フェチとなり、
どうやら興味が無いらしい。

勿体無い話ではある。

10月15日キミシマ環礁1本目!!<ジュエリーロック>


10月15日キミシマ環礁2本目   <アンティアスロック>


10月17日キミシマ環礁1本目!  <ジュエリーロック>


10月17日キミシマ環礁2本目!!<アンティアスロック>
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

<< ジープ島...お別れ | ホーム | ジープ島の食事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。