プロフィール

こすけ

Author:こすけ
サイトには収まらない
  画像、話題
を中心とさせて頂きます。

サイトへはこちらから!

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士川丸

1本目のポイントは、富士川丸と言う沈船。
BLRからジープ島までは、ボートで20分くらい。
その丁度途中、距離的に、中間くらいの場所であるらしい。
と言う事で、ボートで10分くらいのポイント


富士川丸は、民間の船舶で、戦時中は、
航空機運搬艦として使われていたらしい。

船名に、なんとか丸と付くのは、民間の船舶で、
軍艦には、大和やら、武蔵やら、丸が付かない、
と、吉田さんが教えてくれた。

そんな過去を持つ富士川丸であるが、意外に、
実は、誰でも観た事があるかも知れない。

知らなかったが、映画「タイタニック」の撮影で
使用された様で、さて、映画は観た事があるが、
どこで使われたのやら??

ジェームズ・キャメロンも、勿論潜ったらしい。
何度も。

そんなポイント。

富士川丸甲板にあったプレート。
1944/2/17沈没と記されている。



富士川丸船尾に残るマスト。




↓ここにも画像があります。
ジープ島ダイビング~富士川丸~


第一次世界大戦以降、かつては、日本の委任統治領であり、
さらに太平洋戦争下では、戦略上、日本海軍の重要拠点となり、
基地化が加速されたチューク。

アメリカの奇襲を受けたのが、1944,2,17。

アメリカの総攻撃は18日まで続き、日本海軍は、
基地機能を完全に破壊され、多くの船舶を失った様である。
富士川丸は、その中の1隻。

ちなみに、この時の作戦名は ”HAIL STONE”
(上のプレートにも記されてます。)
その攻撃内容の、すさまじさを感じます。


沈船には、無駄に散った命を弔い、戦争の悲惨さを、
後世に伝える意味もある様です。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

<< ジープ島到着 | ホーム | BLRの朝 >>


コメント

吉田さん推薦の本

Tです。v-8
最終日に吉田さんが沈船関係の本なら、西村京太郎の『発信人は死者』
というのが面白いよ、と言っていたので帰国後に図書館で借りて
読んでみました。
確かに、吉田さんが言ってたように、面白いのは犯人が分かるまで。
ダイビング的にそれは可能なの?っていうのもあったし。
また、物語の現在として設定が今から30年ぐらい前なので、
現代ではちょっとありえないかなぁという感じのストーリーでありました。
図書館で借りて読むのがちょうどいいかも。

忘れてました

そう言う本があるって言ってましたね。
そう言えば。
あそこら辺の、地域描写も出てくるのでしょーか?
途中までは、大絶賛でしたね。
図書館行ってこよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。