プロフィール

こすけ

Author:こすけ
サイトには収まらない
  画像、話題
を中心とさせて頂きます。

サイトへはこちらから!

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブ

バタラに行く事にした。
2度目である。
リゾートの再訪は、コレが初めてなのである。

昨年、バタラがイタリアンクラブリゾートになる、
と言うニュースが流れ、世のモルディブファンの間に、
衝撃が走った!!かどうか解らぬが、私自身、ビックリしたのは確かだ。

でも、何となく、バタラだったら大丈夫、クラブリゾートでも
行けるんじゃないかな?と言う、当ての無い、変な安心感もあった。

昔のクラブリゾートと言うと、本当に、全くの別世界。

当時は、イタリアンクラブリゾートに入る手段とし、
イタリアのプロバイダーのメアドを使う、イタリア人の友達を作る、から、
はたまたイタリア人と結婚する、なんて手段まで、
みんな真剣に考えていたハズである。
あれっ?そんな事無い?

ちゅーか、そこまでして・・・ではあるが。

いずれにせよ、イタリア語が堪能である事は、言うまでも無い。

そのくらい一切を遮断し、コンタクトの糸口すら全く見つからず、
これまで、諦めたリゾートや、やっと裏口から潜り込んだリゾートや、
そんなこんな、である。

でも、最近のこのご時勢、クラブリゾートは、それはそれで、
キビしいのではないのか?
なんか、これまでとは違う、微妙に、どこかゆる~くなっている部分を感じる。

ゆるく、とは言っても、ハイシーズンには、イタリアンゲストを
優先してしまう傾向はあるが、それ以外の時期、空いた部屋を、
それ以外のゲストに提供したくなるのは、ごく自然な気持ちでもある。

これまでいくつかのリゾートで話をし、マネージャークラスのそんな話を聞く度に、
クラブリゾート、あるいはこれまでのイタリアン優先リゾートの在り方も、
変わって来ているな、と言う印象を強く感じた次第。

と言う訳で、あの話が流れた時、特に当ては無いが、バタラだったら大丈夫!
と、特に焦りもしなかったのも事実。
何て、実際に行けたから、言える事でもあるのだけれど・・・

あ、それとハッキリさせておくと、別にイタリアンリゾートフェチと言う訳では無い。
スポンサーサイト

タグ : モルディブ

<< <モルディブの手配~バタラの経緯~> | ホーム | ★ タイ・ジャム島~クラビ→バンコクの事 続き~ >>


コメント

待ってましたっ!

こすけさん、いよいよの始まり。待っておりました。
このプロローグからして勝手に期待してしまう要素がちりばめられています。
イタリアンリゾートとしてのバタラ、おいしいジェラート、イタリアンワイン、パスタ、ピザ、、、。それに対して「素朴」と聞いているバタラの雰囲気がどうなったか??

どうしようか

どう言う展開にしようか?と。
サイトには書かない、どうでも良い事を中心にしようか、とは思ってますが。
あっちからこっちには来れないし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。