プロフィール

こすけ

Author:こすけ
サイトには収まらない
  画像、話題
を中心とさせて頂きます。

サイトへはこちらから!

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ タイ・ジャム島~ドイツ人の宿の事 続き~

金持ちのやる事は、よく分からん、と言う事についてであった。

前夜の騒音の心配をしてくれた、アンさん、ナットさんであったが、
付け加えて、こう言った。

今日は、もっとうるさくなる!!と。

聞けば、前夜は、翌朝ジャム島を去る、ドイツ人のためのパーティー。
偶然、アコースティックバージョンだったらしい。

今夜は、また違うパーティーとなり、ロックバンドの演奏があるらしい。

うむ、大変な事になりそうだ。

朝食を済ませ、特にやることも無いので、ビーチでごろごろしていると、
何か今日は、ボートが頻繁に来る気がする。
暇だ、とは言え、全て一部始終を観察していた訳でも無いので、
良くは分からないが、ドイツ人の宿への、人の出入りが多い気もする。
これでも、ビーチにパレオを広げたり、
広げたパレオを日陰に移動したり、と、結構忙しい。
ドイツ人の宿の出来事について、じっくりと、周囲を観察するほど、暇では無いのである。
そんな忙しい中、海に入り、ぷかぷか浮いていると、
またもやボートがやって来た。
丁度、潮が引く時間で、波打ち際までボートが入れず、
じゃぶじゃぶと、積荷は人海戦術で運ぶらしい。

暇では無いのだが、見ていると結構これが面白い。
ビールの箱、ウイスキーの箱。
何が入っているか分からんが、1人では持てない、
超大型のクーラーボックスが沢山。
で、いきなり出て来たのが、そのまんまの、バスドラム。
スネア、シンバル。
それから、
大きなアンプ×数台
スピーカー×数台
ギター
ベース
さらには、ミキサー卓まで運ばれた時には、
ビックリ!そんなもん、潮風(水)にさらしていいのか?と。
全部剥き出し、のままである。まあ、良い。

運んでいるのは、10~20歳台の年頃の少年達。
頭の上に、ドラムやアンプを載せ運ぶヤツ。
そんな両手がふさがってしまった運び手に、バシャバシャと水をかけるヤツ。
ギターを海に放り込もうとするヤツ。
恐らく持ち主であろう、懸命にギターを奪い返そうと、もがくヤツ。

まあ、みんな、遠足のノリで、大ハシャギ!である。

この日は、North Beach では無く、近くの coconut Beach に行っていた。
と言う訳で、パーティ会場のセッテイングを見ていた訳では無いので、
その後の事は良く分からない。

そろそろ遅い昼食でも、と、North Beach に戻ったところ、
ドイツ人の宿から、バンドの音が聞こえる。
演奏しているのは、先ほど、大ハシャギで機材を運んでいた、少年達。
サングラスをかけ、ハデなTシャツで演奏する彼らは、
地元では有名なのかも知れない。
まあ、パンクバンドとしての、音のまとまりには、微妙な部分も残るが。

このバンド、バックのメンバーは、タイ人なのだが、ボーカルは、若いドイツ人。
別に下手では無いが、取り立てて上手い訳でも無い。
ビールを片手に、カラオケ気分!と言ったところ。
そばで、これまたビールを握り締め、
一人踊り狂っているドイツ人のおばちゃんが居たが、
特にそれ以外、客も居ない。

う~む、何なんだ?この状況?と思っていたら、演奏が途中で終わった。
どうやらサウンドチェックだったらしい。

本番は何時スタートなのか?と、踊り狂っていたおばちゃんに聞いたところ、
そんな事、私知らないわ!?と。
何でも良いのか?あんたは・・・

昼間っから酔っ払いのおばちゃんでは、
ラチが開かない、と悟った賢明な私は、
さて誰に聞けば良いのやら・・・

奥に人が居るので、なんとなくそちらに引き寄せられてしまう。
と、タイ人のオヤジに声を掛けられた。

飯、食ってけ!と。

へっ?飯?

まあ、昼食に帰って来たので、お腹は空いているが、
そんな見ず知らずの方の施しを受けて良いものやら。
第一、食べ終わった途端、とんでもない料金を請求されても困る。
ここ、一応バンガローだし。

どうしたものやら?と考えていると、オヤジ、タダだから、どんどん食ってけ!と。
何と言う太っ腹な!
確かにオヤジの腹は、ぽこんと、まるで大黒様の様な、太鼓腹ではあったが。

連れて行かれた先は、そのまんま台所。
台所と言っても、そんなしっかりとした造りでは無い。
テントの中に、コンロ、流しの類が据付けられている、と言ったイメージ。
脇に簡易テーブルがセットされ、そこで入れ替わり立ち代り、
みんな食事の最中。
かなりの人数である。
女性、子供の姿が目立つ気もするが、何の事は無い、
男どもは、そこら辺で適当に座り込んだり、あっちの方で立ち食いだったり、
と言うだけの事。

オヤジに用意してもらったのは、イエローカレー。
勿論十分である。

十分どころではない、これが実に美味しかったりする。
特に、ブツ切りのまま、煮込まれた鳥肉が美味しい。
タイで食べるタイ料理の美味しさは、
日本では味わえない素材の美味しさにもあると、つくづく感じてしまう。

向かいで食べていた女の子が、食べ方をアドバイスしてくれた。
そんな難しい事では無く、パクチーや生のいんげんを
適当にちぎって食べると言うもの。
特に生のいんげんと言うのは、どちらかと言えば馴染みが薄い。
その青臭さには、抵抗を感じてしまう。
虫になった気分。

自分のお替りと一緒に、この女の子、お替りをすすめてくれる。
勿論、頂く事にする。

台所を覗いてみると、先程食べたイエローカレーの他に、
レッドカレーの残骸もあった。
う~む、こっちが食べたかったぞ!と思いつつ、残骸であった。

無いもんはしょうがない。
再びイエローカレーを、と思ったら、オバちゃんが、袋を指差してくれた。
中に入っているのは、麺である。
見た目、日本の素麺と全く一緒。

同じ小麦粉の麺、バミーとは異なり、黄色では無い。
タイには、他に小麦粉の麺は無いので、多分、のびたセンミーだろう。
面白そうなので、そちらにする事にする。

食べ方は、麺にカレーをかけただけ、と、分かりやすい。
またもや、パクチーや、生のいんげんを散らすのがオススメの様であるが、

私は虫では無い。

お断りしといた。

一通り食事が済むと、オヤジが説明をしてくれる。

今夜のパーティーは、どこぞのドイツ人の息子の、
誕生日パーティーだそうである。

自由に誰でも参加が出来る様である。
おまけに、飲み物、食べ物全て無料。
息子のために、パーティーを主催するおとーさんが、
当然、すべてを負担するらしい。

と言う事を聞いて、なるほどなのである。
さっき、オヤジが、タダだからメシ食ってけ!についてである。

パーティーは勿論、その準備の費用も、全ておとーさん持ちなのであろう。
そうであれば、成る程、確かに、タダだからメシ食ってけ!なのである。
って、太鼓腹の割りに、タイ人のオヤジが太っ腹!
と言う訳では無かったのである。


しっかし、なんでまあ、こんなに長くなるのかね?
と思いつつ、肝心のパーティーに

続く。
スポンサーサイト

★ タイ・ジャム島~ドイツ人の宿の事~

Luboa Hut の隣に、実はもう一つ宿泊施設があったりする、
と言う事はすでに書いた。

初めは、バンガローなどと全く思わず、ローカルの漁師の家か?
くらいに思っていた。

それもそうであろう、目に出来るのは、タイ人ばかり。
女性あるいは、子供たちの姿も目にする事が出来る。
でも、多いのは、男どもである。
ハタチから、20歳台半ば、なんて年齢が多い。
それも中庭からビーチにかけて、ぶら下がったハンモックや、ビーチチェアで、
一日中ゴロゴロと過ごす姿ばかり。
10人以上は余裕で居ただろう。そんなヤツらが。

こう言っちゃ~何だが、

いい若いもんが、一日中、なんにもしないでゴロゴロして・・・

と言いたくなる様な光景。

たまにロングテールボートを出したり、ギターを弾いたりと、
動く様子も見かけたが、
ホント、一日中ゴロゴロ、なのである。

ある日、そんな彼らと、数人のヨーロピアンが、
アコースティックギターでなにやら盛りあがっている夜があった。

アコースティックなので、そんな気になる音量でも無く、
いつしか、眠ってしまっていた様である。

翌日の朝、アンさん、ナットさんが、申し訳無さそうに、
昨夜は隣、うるさかったでしょう?
と心配をしてくれたのであるが、
聞いている内に、寝ちゃった、と言ったら、クレイジーだね、
と、お褒め頂いた。

聞いたところ、アンさんは、布団をかぶって寝ようとしたのだが、
あまりの騒音に、寝る事が出来なかったらしい。

普段、日本での生活で、騒音には鍛えられたおかげなのであろうか?
大したもんであるが、あまり嬉しくは無い。

ナットさんが、説明をしてくれたのであるが、
じつはお隣、漁師の家では無く、一応ゲストを迎え入れるバンガローだそうだ。

とは言っても、このバンガロー、ドイツ人限定だそうだ。
どう言う事かと言うと、バンガローは勿論、土地の所有者は、
とあるドイツ人個人の所有。

メチャメチャ金持ちだそうである。

勿論、その金持ちのドイツ人が住み着いている訳では無く、
まあ、どう言うルートかは知らんが、ドイツ人に開放しているらしい。

う~む、金持ちのやる事は、良く分からん。

そもそも、タイと言う国においては、法律上、
マンションも含め、外国人の不動産取得が不可能であるはずなのだが・・・
まあ、抜け道もある、とは聞いているが。

そんな話を聞き、何となく全体像が掴めた。
一日中ゴロゴロする彼らも含め。

多分、彼らタイ人は、スタッフ、と言うと聞こえが良いが、
まあ、土地、家屋の管理人と言ったところなんじゃないか?と。

金持ちのドイツ人は、所有はしているものの、
頻繁に遊びに来る訳では無いだろう。恐らく。

半年、1年と、放って置かれた土地は、草は伸び放題、木が茂り放題と、
人が容易に入り込めない世界になってしまう気がする。
ごく、短期間で。

島に遊びに行って、まずやる事は土地の開墾、なんて言うのは、イヤだな。
家屋も同様、痛むに違いない。
と言う訳で、適当に誰かを住まわせておけば、
メンテナンスにもなると言うもの。
あ、逆か。
メンテナンスのために、誰かを住まわせている。のか?

当然、誰かが泊まりに行けば、バンガロースタッフの仕事もするし、
と言う訳で、ゴロゴロしていた彼ら、ゴロゴロしてるのが一応仕事なのである。
恐らく、給料も支払われているだろうし、メンテのための必要経費も含め、
金銭的な面は、全て金持ちのドイツ人が、何も気にする事無く、
支払っているんだろうな。
う~む、金持ちのやる事は、良く分からん。

そう感じたのは、その日の夜の出来事からであるが、
そもそもこのドイツ人の宿の部分、
短く、サクっと終わらせるつもりであったが、
もはや膨大になりつつあり、
そんな訳で、

続くのであった。

★ タイ・ジャム島~North Beachの事①~

滞在した、North Beach について書いてみようと思う。

North Beach は、その名の通り、ジャム島の1番北にあるビーチ。
ちなみに、滞在した Luboa Hut は、このビーチの、北に位置する。

全長は・・・よく分からない。
何とも距離感が掴めない。
まあ、端から端まで、ゆっくり歩いて15~20分と言ったところか。

全部で6つの宿泊施設がある。
北から順である。

Bonhomie Beach Cottages
Luboa Hut
Ko Pu Valley
Sunset Beach Bungalows
Fresh House&Bar
Peace Paradise Resort

Peace Paradise Resort は、昨年12月にオープンしたばかりらしい。
ジャム島データを調べまくった、コ・ジャムオンライン→http://www.kohjumonline.com/ では、
そこらへんの更新が、まだの様ではある。
(ちなみに、コ・ジャムオンラインによると、Ko Pu Valley の位置関係が
ちょっとズレている、と言う、細かいツッコミをしておく。)

で、Bonhomie~ とLuboa Hut の間には、実はもう一つ宿泊施設が
あったりするのである。
でもってこの宿泊施設、何だか良く分からない。
初めは単に民家か?と思った程で、最終的に、ナットさんの話を聞いて、
ふ~ん、と思った次第。
名前なんぞ分からず、仮に、ドイツ人の宿、としておく。

★Bonhomie Beach Cottages
タイ・ジャム島~North Beachの事①
利用バンガローとし、当初はココが有力候補であった。
何か、ちょっと変わった造り、と言うか、とても居心地が良さそうに見えたのである。バンガローは。
でも、この写真は、レストランなんかであるが、見たところ、ちょっと私には違うかな?と。


★Ko Pu Valley
タイ・ジャム島~North Beachの事①
ココはノーマークであった。
でも、現地で見たら、この大きな舞台式のレストランが、かなり心地良さそう。
タイ・ジャム島~North Beachの事①
でもって、このバンガロー、とっても分かりやすい。
このぶら下がっている、オバケみたいなもんが面白く、また目立つので、目印となる。
ビーチは勿論、海の上のボートからも良く目立つ。
で、このオバケみたいなもんは何なのか?と言うと、暗くなると灯りが点き、
まあ、照明なのだが、これが良い雰囲気になる訳である。


★Sunset Beach Bungalows
タイ・ジャム島~North Beachの事① タイ・ジャム島~North Beachの事①
ここは良く分からない。
バンガローの様子は、まあ、普通ではあるが、比べてしまうと、特に取り得も感じない。
後は安ければ、って感じ。

それよりも、そう、
確かこのバンガローの目の前のビーチは、
がちゃがちゃと岩場になっており、
そっちの方が気になってしまう・・・
ちょっとのんびりする雰囲気ではない。

★Fresh House&Bar
タイ・ジャム島~North Beachの事① タイ・ジャム島~North Beachの事①
今回、かなり気になっていた、
泊まろうとしたら、即却下された
Fresh House&Bar。
かなり怪しかった。
タイ・ジャム島~North Beachの事① タイ・ジャム島~North Beachの事①
で、これが Bar
個人的には、悪くは無い、と思うのだが。
ただ、いつも人がおらず、
夜になると、淡い光が灯り、
やはり怪しかった。


★Peace Paradise Resort

残念ながら、ココは写真が無い。
夕方、ビーチを散歩していて、レストランの灯りが何とも心地良く、そのまま気付いたら、
ヤムウンセンを前に、ビールを飲んでいたのである。

タイ人の夫婦が切り盛りしている様であるが、奥さんが料理を、ダンナは、と言うと、
それ系の仕事は、全くせず、と言うか、ロウケツ染の職人。

テーブルの横が、染物スペースとなり、一心不乱、溶けたロウで布に下絵を描く様は、
職人と言うより、アーティストの顔。
おそらくタイの海の様子がベースなのだろう、サンゴや色とりどりの魚たちを描いた、
大きめのパレオなんかを、作っている様である。

もう1人、手伝いをしている、タイ人の女の子が居た。
とても明るく、かわいらしい娘で、きゃらきゃらとした笑顔が印象的で、
とは言っても、2人して盛り上がっていたのは、私では無く、相方の方であったが。

テーマ : タイ - ジャンル : 旅行

★ タイ・ジャム島~ルボアハットについて(4)~

ルボアハットの、その他の設備と言うか、施設と言うか、そんなもんをまとめようと思ったのだが、何と言うか、特にそんなもんは無かったのである。
と言う訳で、この部分は省略しても構わないのだが、手抜き!何をしに行っている?と思われるのもイヤなので、最善を尽くしておく。

タイ・ジャム島~ルボアハットと言いつつ、これは何?
ちっちゃな男の子が、からまって遊んでいたので、遊具か?
でも私は、ハンモックみたいに、ここでひたすらゴロゴロしていたので、リラクゼーションか、あるいはヒーリング係の設備では?と思うのだが、使用感としては、太いロープで作ってあるため、若干、体は痛い。適当にツボを刺激してくれていたのかも知れないが、特にその後の爽快感も無い。



タイ・ジャム島~ルボアハット明らかにブランコである。これは。
どこぞの、ちっちゃな女の子が乗り、ぶるんぶるんと振り回して遊んでいた。
いたくご機嫌の表情ではあったが、何もタイまでやって来て、ブランコはあるまい。他にする事あるだろう、と思ったのであった。が、ほっといた。
勿論、私は乗っていない。




タイ・ジャム島~ルボアハットレストランに加え、ここでも食事が出来る。どちらかと言えば、こっちの方が多かったか?
基本は、食事のスペースなんだろうけど、なんでもあり、であった。
本を読むゲストが居たり、人が飯食ってる横で、いきなりタイマッサージを始めたり・・・良く分からん。

しっかし、タイマッサージと言うのも、良く分からん。
揉まれたり、踏まれたり、畳まれたかと思うと、のけぞったまま持ち上げられたり、と。
本当に気持ち良いんだろうか。みんなが言っているから、気持ち良いって言ってるだけなんじゃないのか?
マッサージと言われるモノを、これまで、何度かやってみたが、別にどうと言う事無かった。
今回も、バンコクで、フットマッサージなるものに、初挑戦して見たのではあるが、もうしないであろう。

タイ・ジャム島~ルボアハットで、マッサージの話はどうでも良いのだが、海が見え、波の音が聞こえ、風が通り、と、食事をしながら、心地良い場所ではあるが、タイミングを間違えると、とても日差しの良いスペースになってしまう、などと、呑気な事も言ってられず、相手はタイの日差しである。
朝食の時間ですら、ちょっと時間をズラしただけで、ジリジリと焼付く様な感覚である。

ブラ下がっているのは、貝殻やサンゴのかけらのオブジェ。
暇なゲストが、そこら辺から拾い集め、作った様である。
滞在していた、2人のヨーロピアン女性達も、作っていたりした。



タイ・ジャム島~ルボアハット朝食、である。
ある日の、と言うか、毎日こんなもんである。
これで2人分。朝は、量的にあまり要らない。
あ、アイスコーヒーは私が、ヨーグルトは、要らない。
左のスープみたいなもんは、お粥で、めちゃめちゃ美味しかった!
日によって、これが麺になったり、と。

★ タイ・ジャム島~ルボアハットについて(3)~

これは、ルボアハットの、レセプション兼レストラン。
そして、Sang Som を開ければ、Barにもなってしまう、便利な空間。

タイ・ジャム島~ルボアハットちなみに、タイのなんちゃってウイスキーでは、Mekhog も有名。
と言うか、こちらに市民権が、と思っていたが、都市部、若い世代では、Sang Som の方が、クールらしい。
と言うか、そもそも、若い人たちは、あまりウイスキー飲まないらしいけど。


で、ナットさんも、Mekhog は飲まないらしい。
カッコ悪いし、悪酔いするし、なんて言ってた。
(※使用者の感想であり、効果には個人差があります。)

タイ・ジャム島~ルボアハットレストランの個所。
テーブルと座敷になっている。
普段ナットさん達は、この2階で寝起きをしている。
白い壁の上の部分である。
ちなみに、ココで生活するのは、ハイシーズンのみ。
ジャム島内だか、クラビだったか、どちらかに、ちゃんとした家はあるらしい。


タイ・ジャム島~ルボアハット看板が下がっているトコが、一応レセプション。
今は特に使っていないようだ。
と言うか、小物置き場になってた。
あの写真は、このカウンターで撮った。由緒正しいのである。
レセプション左手は、厨房。

タイ料理は大好き!である。
と言う訳で、厨房を覗いてみた。
最新の調理器具が揃い、なんて事は全く無く、普通のタイの台所、と言ったところ。

料理は、ナットさんが担当かと思っていた。
奥さんのアンさんが、オーダーを取ったり、運んでくれたり、
こまごまと働いていたのに対し、ナットさんの姿を見る事が
無かったので、自然とそう思ってしまった。
どこぞのリゾートで働いていたし。

で、話を聞けば、料理は、アンさんがやっているそうである。
え~っ、オーダー取って、料理作って、運んで、客が帰れば、
その片付けもして・・・
すごい!めちゃめちゃ忙しいじゃないのっ!
ちゅーか、ナットさん、あんた、ドコで何してんの?なのである。

面白かったのは、調味料の類の数々。
あ!これってそんな使い方もするんだ~。
と、説明を聞きながら、結構、もうビックリ!
日本では、なじみの薄い調味料もあったりして、
帰りのバンコクで、探してみようかね~。

と、言いつつ、検疫上、取り上げられてしまいそうな物もあるため、
オススメは出来ないのである。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。