プロフィール

こすけ

Author:こすけ
サイトには収まらない
  画像、話題
を中心とさせて頂きます。

サイトへはこちらから!

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列車からの風景(2)

サンライズ瀬戸に乗り込んだ。
この寝台列車、車内は、まあ色々なカテゴリーの座席(部屋?)配置になっている。
今回利用したのはツインの個室。
ツインの個室のある車両は、2階建てとなり、2階部分はすべてシングル用、1階部分が
ツイン用らしい。

2階建ての車両と言うのは初めて乗った。
2階からは見晴らしが良い事とはおもうのだが、この1階からの景色も面白い。
丁度、窓枠の下の部分と、ホームの高さが同じで、室内からは、ホームを歩く人の姿を見上げる感覚。
勿論、外から室内も丸見えなので、ブラインドで目隠しはするが、こっそり隙間から伺い見る様子は格別なのだが、特に覗きの趣味がある訳ではない。

と言う訳で、列車は定刻通り、岡山駅を出発。
当然ブラインドを開け、車窓には景色全開!なのだ。
マンションや家の窓からの灯り。
平行する道を走る、クルマやバイクのヘッドライト。
普段の暮らしを過ごす人が居て、それを車内空間と言う、独特、特異な空間から、楽しむ、と言っては失礼かもしれないが、どこか客観的に眺められる環境が面白い。

以前タイで乗った夜行列車の感覚を思い出す。
景色は違うし、人々の様子、沿線の文化みたいなものは異なるが。
生活する人々が居て、そこに入り込めない我々が居て、全てを覆う、もっと大きな何かがあって。そんな事をだ。

列車は途中の停車駅に着いた。
乗り込んだ車両は、前の方。
小さな駅らしく、滑り込むホームに、列車を待つ人影は、まばらな様子。
なら、良いか、と思い、窓はブラインドも下ろさず、全開のままである。
ホームの端っこに車両が止まり、ビックリ!した。
保線区のおっちゃん達が10名程、目の前のホームに集結中ではないか。
当然、あっちからもこっちからも丸見え!である。
バツが悪い事この上無い。
お互いぎこちない笑いの中、ブラインドをゆっくりと下ろす事になった。

途中停車する駅は限られる。
限られるのであるが、途中過ぎて行く駅は、ホームの状況により減速してくれるため、その様子は、チラリと見る事が出来る。
姫路、西明石、兵庫と、聞き覚えのある地名の駅を通り過ぎる。
そして神戸。ここには知り合いが居る。今頃、何をしている事やら。
芦屋、甲子園口、尼崎、そして大阪。
大阪は好きな街だ。そしてここにも何人か知り合いが居る。

停車したホームの向こうに、いくつものホームが見える。
日曜の深夜にもなろうかと言う時間なのに、結構ホームは人で溢れている。
遊びの帰りの若者。
仕事帰りのサラリーマン。
仕事帰りのOL風。
酔っ払ってふらつくおとーちゃん。
多分普段はあちら側なのだが、車窓1枚を隔てただけで、違う世界が広がる様子が不思議だ。

やがて列車は京都に近づきつつある。
京都も好きな街である。ご無沙汰ではあるが。
と言う訳で、京都までの景色は、何となく見ておきたいな、と思い、列車に乗り込んだのであった。
そろそろ本格的に深夜の時間帯である。
このままこの先、名古屋あたりの景色も見たい気はするが、東京に着いた後、そのまま仕事である。
ちょっと寝ておかねば。
沼津、熱海の景色も見たいところであるが、どうやら早朝に通過するらしい。無理そうである。
と言う訳で、今回はビールの缶を片付け、寝る事にした。

目が覚めると、列車は横浜あたりを走っていた。
今日は月曜日。
まだ早いかな、と思う時間ではあったが、列車が通り過ぎる駅のホームには、すでに通勤客でいっぱい。
皆まだ休みを引きずり、眠そうな顔でボーッとたたずむ人、新聞をめくる人、携帯を見つめる人、と、人それぞれ、様々な朝の景色である。
こちらもまだまだ眠そうな顔であるが、窓1枚を隔てた異次元から、そんな様子を覗くのが何となく面白い。
あと僅か、恐らく数十分後には、あちら側に行ってしまう事になるのだが。

サンライズ瀬戸そして東京駅に到着した。
ついさっきまで居た様に思える高知の暖かい気候と違い、ちょっと冷んやりとすら感じる朝の空気に、やっぱり帰って来てしまった事を、身体でも実感、である。
ホームでは、先程まで乗り込んでいた車両をバックに、記念撮影の人達が入替わり、立ち返りである。
まだまだ旅の延長の様子は羨ましい。

ホームを後にし、乗換えのため地下のコンコースに下りるとそこはもう普段の風景。
通勤で行きかう人で溢れかえっていた。
この数日間が、本当に楽しかったので、どうしたものやら?なのである。
どうやら本当に帰ってきてしまったようだ。
スポンサーサイト

誤算

寝台も含め、車内販売の無い車中、行く先々の駅で、駅弁&気の利いたものでもGet!し、ビールでも、と、諸国名産まったり道中計画!!を抱いていたのだが、大変な事になった。

結果として、途中何も売っていなかったのである。
当初の壮大な計画をよそに、かなり気の利かないものでお茶を濁す事となってしまった訳だ。

全滅状態を振り返って見る事にする。
スタート地点。先々の事はお構い無しに、呑気に構えた宿毛では、アイスのみ購入。相方が、だ。
(ビールが無かった。と言うか、売店終了。この時点で、危機を察知すべきではあった。)

乗り換えの中村駅では、ダイヤ上は確か5分あった接続が、良く分からぬが実質3分となっていた。何と言う事か。どうしてくれる。
車掌の呆れ顔と、間に合うのか?と言った心配顔をよそに、反対側ホームの売店で、取り合えずビールのみGet!
重い荷物を抱えての、階段ダッシュには、かなりしんどいものが。
様子を理解し、あたふたと精算をしてくれた、売店のオバちゃんには感謝!なのであった。
駅弁への望みは、高知に持ち越し、なのである。

停車時間が5分程度あった高知駅で、リヴェンジ。
行きに目を付けていた改札横の駅弁屋は、すでに終了。敵も然る者である。
向かいのお土産屋はやってたけど、塩辛とか、干物はちょっと・・・
駅弁は、まあ、空腹と言う訳では無かったんで、良いと言えば良いんだが。

とすると、残るは岡山。最終決戦。
乗換えには、30分はあったかと記憶している。もはや勝ったも同然ではないか。
しかも着いて分かったのだが、ステーションビルは、地下にショッピングモールを抱えるかなり大きな駅で、もう余裕である。

が、タッチの差で、店舗は営業終了。
明日のご来店を、また、お待ちしてます、って、明日は居ないのである。

JR運営の小さなコンビニを発見したものの、売れ残りのおにぎりが2~3個転がっている、と言う有り様。そんなものサルカニ合戦のサルですら、無視するであろう。

これなら開き直って駅前でコンビニ探した方が良いかな?と。
結局コンビニ弁当とおつまみで、何ら普段と変わらぬメニューとなり、どこが諸国名産まったり道中なんだ?壮大な計画を、どうしてくれる?

今回は仕方が無い、とはしたいのだが、勝手が良いこの行程を使う限り、毎回玉砕する事に。

ちなみに寝台列車である”サンライズ瀬戸”。
岡山発としているが、実は四国のどこだかが始発である。
でもって、岡山ではなく、四国で列車を乗り継いだ場合のみ、何と言うか忘れたが、四国割引料金でお安くなるらしい。
そんなの知らなかった。おいおい、JR、ちゃんと説明してくれい!
っと、これも誤算なのであった。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。